So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

昼下がりからの風景 [風景]


今回は、昼過ぎから友人と宇部市、小野田市へぶらりと散策してきました。
晴天の穏やかな5月の風景を写真に収めたんよ。
小さくて見にくい写真は、クリックして大きくして見てね。


周防大島を藤尾山の、山頂付近から撮ったんよ。

IMGP3674.JPG


平成30年9月14日から花博が開催される、きららドームで~す。

IMGP3699.jpg


大分錆が出て来た鉄の風車、それでも良く回っていましたよ。

IMGP3701.jpg


飛び立つすんぜんの白鷺、ダイサギと思うのですが[exclamation&question]

IMGP3730.JPG


この日は子供の日で大潮だったんよ、干潟で遊ぶ子供達[るんるん]

IMGP3738.JPG

IMGP3739.JPG


小野田市の本山岬の奇岩群、浸食が激しくいつ消滅するやら分かりません。[ふらふら]

IMGP3756.jpg


きららビーチ焼野[地図]夕焼けの風景なんよ、皆さん写真を撮ってました。

IMGP3771.JPG

IMGP3816.JPG


てなことで、半日でしたが、楽しく過ごしましたよ[わーい(嬉しい顔)]


今制作中の330P4オープンタイプとシトロエン2CV6で~す。
同じ1/24でもこんなにも車高が違う、やはりスポーツカー良いですね。

DSCN7615.JPG

DSCN7616.JPG
最近急に暑くなりましたね、こちらでは、28℃まで上がりましたよ。


nice!(52)  コメント(6) 

フェラーリ330p4 模型制作[3]とナノパズル [プラモ作り]

今回で完成となる、フジミ模型の1/24フェラーリ330P4です。


ライトのカバーやウィンドなどのクリアーパーツのない状態です。



シャーシに足回りなど取り付けて、いよいよボディと合体[揺れるハート]




ボディラインが綺麗なのでバックミラーを付けないでの写真4枚です。






以下角度を変えての完成写真となります。







今回初めて作ってみた、メタルナノパズルですよ。[がく~(落胆した顔)]

DSCN7480.JPG


ハガキ位の袋にプレスしたメタルパーツが2枚入っていました。

DSCN7481.JPG


先ずは、切り出していくのですが、相手は金属なかなか手強い・・・
山折り谷折りしながらスリット部に爪を入れて、折り曲げたりして組んでいくのですが、これがまた大変、薄いメタルなので、力を入れると変形してしまいます。
対象年齢が15才以上と明記されていますが、いかがなものか[ちっ(怒った顔)]

DSCN7505.JPG


そんなこんなで、完成したアポロ月着陸船なんよ。

DSCN7533.JPG


もう一つタイガー戦車も買っちゃいましたが当分作りません。
1000円前後とあまり高くはないので、皆さん一つ作ってみては[exclamation&question]

nice!(48)  コメント(10) 

フェラーリ330p4 模型制作[2] [プラモ作り]

前回に引き続きフジミ1/24フェラーリ330P4 1967年ルマン仕様の車です。


先ずは、無謀な黒サフ下地塗装の上にピュアレッドを塗装しました。
色々な角度から写真撮りして見ましたよ。

DSCN7311.JPG

     DSCN7312.JPG

DSCN7315.JPG

     DSCN7318.JPG


色分けのために、私の嫌いな細かいマスキングをしていきます。[ふらふら]

DSCN7323.JPG


車内部の大体の組み付けと色付けで~す。

DSCN7340.JPG

DSCN7348.JPG


メーター類良い出来とは言えませんが、それなり・・・

DSCN7343.JPG


細々とした部品 ワイパーなどは折れそうですね。

DSCN7368.JPG


クリアーパーツは面倒でもキチンとマスキングしてま~す。

DSCN7374.JPG


フロントサイドの小さなウイングはエッチングパーツだったのですが、取り付けが難しそうだったので、プラバンで作り直しました。

DSCN7391.JPG


デカールを貼り付けクリアーパーツなどを仮付けした状態

DSCN7329.JPG

DSCN7396.JPG


今年も咲いたテッセン(クレマチス)何故か今年は色が薄い[目]

IMGP3654.JPG


私以外誰も取らないサクランボ 雨風でほとんど落ちてしまいました。[もうやだ~(悲しい顔)]

IMGP3658.JPG


ゴールデンウイークもそろそろ終盤になりますね~年金暮らしの爺さんには無縁ですがね。

nice!(50)  コメント(10) 

フェラーリ330p4 模型制作[1] [プラモ作り]

今回は、フジミ1/24フェラーリ330P4の制作を紹介します。
このキットは10年前に3500円で購入した再販モデルです。
1989年限定発売と2013年再販モデルを持っている三つのうちの一つ
模型完成の車体寸法は幅約80mm、全長約175mm、車高約40mm

DSCN7266.JPG


私が十代の学生の頃からたまらなく好きなレースカーです。
今なお憧れの美しい車で、現在でもレプリカが数多く存在します。
フェラーリ330P4ベルリネッタ №21 1967年当時の写真なんよね~

画像1.jpg
実車データー
 全長・・・・4185mm
 全幅・・・・1810mm
 全高・・・・1000mm
 乾燥重量・・982㎏
 エンジン・・水冷V型12気筒DOHC
 排気量・・・3967cc
  最高出力・・450ph/8000rpm


ボディの形状はまあまあなのですが、モールドがあまく部品の合いがイマイチなんよね。
しかしながらフジミ以外では無いので、手がかかっても買っていま~す。
タイヤとホイール色付きで最初から合体しています。

DSCN7287.JPG


ランナーに付いた部品です、かなり少なめですよ。

DSCN7288.JPG

DSCN7289.JPG

DSCN7290.JPG

DSCN7291.JPG


左上が切り出して作る布製のシートベルト、左下がタイヤ用の転写マーク
真ん中がボディに貼るデカール、右の2枚が金属のエッチングパーツです。

DSCN7292.JPG


取り敢えずランナーから切り取り洗剤で洗い出し・・・

DSCN7294.JPG


ボディ色をモンザレッドと指定があったのですが、私が当時見た記憶から、色を吹いてみました。
左から白サフにピュアレッド 白サフにイエローその上にピュアレッド ブラックサフにピュアレッド。
写真では分かりずらいのですが、ブラックサフにピュアレッドこれが一番近かった様です。
要するに最近使われでいる鮮やかな色では無く落ち着いた赤にしたかったんよね。
血の赤色というか~消防車の赤なんよね。

DSCN7296.JPG


ということで黒サフ吹きました、常識外れの馬鹿な事やりました。[ふらふら]

DSCN7297.JPG

DSCN7298.JPG


暖かくなりましたね、皆さん連休中何処へお出かけですか、楽しんでくださいね。[わーい(嬉しい顔)]

nice!(51)  コメント(10) 

散歩道の花々 [花]

久しぶりの散歩で見つけた春の草花達です。


フェンスのネットから覗いていたアヤメ科のシャガ

P1200993.JPG


近年こんなにも沢山の山藤見たことありません。

P1200997.JPG

     P1210005.JPG


ハナニラ(山にら)の花だと思います。

P1210014.JPG


最早ヤマグミの実が赤く色ずいていましたよ。[がく~(落胆した顔)]

P1210019.JPG


小さな河原の淵に咲いていた名前の解らない花[exclamation&question]

P1210020.JPG


カキドオシ(垣通し)と言う小さな小さな花[揺れるハート]

P1210023.JPG


ウマノアシガタって言うらしい

P1210025.JPG


農家の方が庭先に植えておられた2種類の芝桜[ハートたち(複数ハート)]

P1210028.JPG


楮(こうぞ)雌花、もじゃもじゃしていて、キモイ[ふらふら]

P1210045.JPG


山イチジク 子供の頃から(ちちぼの木)と言っていました。
熟すと黒く成りイチジクを濃縮したような味になりますよ。

P1210051.JPG


イモカタバミの花なのですが、やけに色が濃い[眼鏡]

P1210053.JPG


先日夕陽を撮ったのですが、変わった夕陽が撮れたので[カメラ]
朱塗りのお椀に金色のご飯が載っている様な?

IMGP3592.JPG


次第に頭が三角にとがってきました。

IMGP3594.JPG


最後に四角くなって沈んでいきました。

IMGP3596.JPG


次回からは、フェラーリ330P4制作の掲載となります。

nice!(50)  コメント(6) 

ロータスタイプ79 模型制作[4]

タミヤ1/20ロータスタイプ79今回で完成となります。
色々と苦戦しましたが、何とか組み上がりました。[わーい(嬉しい顔)]


マークセッターを塗布してデカールを貼り付けた状態です。
これからクリアー塗装4回して乾燥した後に研磨します。

DSCN7143.JPG

DSCN7146.JPG


タイヤのGOODYEAR文字は転写マークを使用せずテンプレートを当てがって、艶消しの白でスプレーしました

DSCN7156.JPG

DSCN7192.JPG


リアウイングの接着は金属のあてで固定して瞬間接着剤で!

DSCN7194.JPG


以下説明文は有りませんので、画像だけ見てね。









もうすぐゴールデンウイークやってきますね、行きたい所沢山有るのですが、私はお仕事で~す。

nice!(51)  コメント(10) 

ロータスタイプ79 模型制作[3]

桜の花も終わり、いよいよ本格的な春だすね・・・
制作は今回で3回目の 1/20 ロータス タイプ79 1978
タミヤのプラスチックモデル組み立てキットの続きです。
その前にマリオ・アンドレッティがハンドルを握る実車の写真を1枚

画像5.jpg


ファンネルのダストカバーは金属製のメッシュでキットに付属 していましたよ。

DSCN7075.JPG


バックミラーの鏡の部分はインレットマークになっていました。

DSCN7083.JPG


カッターマットの白いラインがクッキリと映りこんでいます。

DSCN7085.JPG


リアウイング側面のパネルはキットのプラにするか、エッチングパーツにするか検討中で~す[exclamation&question]

DSCN7094.JPG


大部分のパーツはクリアー塗装や研磨を除いて色付け塗装は済ましてあります。

DSCN7081.JPG


エンジンとミッションを仮付けしてみて、状態を確認[exclamation]

DSCN7091.JPG


ミッションと足回りの完成 ごちゃごちゃしていて、ややこしい[ふらふら]

DSCN7095.JPG


エンジンもほぼ完成で、ミッションとエンジン部いよいよ合体ですよ。

DSCN7099.JPG

DSCN7104.JPG


エンジンを裏にひっくり返してエキゾーストパイプを取り付ける。

DSCN7107.JPG


0.5mmの洋装用シルクピンをシートベルトの金具止めに使用

DSCN7109.JPG

DSCN7110.JPG


モノコックのボディーを多方向から撮ってみたんよ。[眼鏡]






デカールの貼ってないボディの1部を仮付けしてしてみました。

DSCN7135
DSCN7135 posted by (C)モリモリもりちゃん
次回はいよいよ完成となりますので、見てね。
と言いつつ早々と次のキットに手を付けていま~す、フジミ1/24フェラーリ330P4 私の好きな車の1台です。

nice!(50)  コメント(8) 

桜のある風景

今回は、模型作りは中断して市街地の桜を紹介しま~す。
今年の桜は開花が遅かった様で安心していたら、一気に咲き出したんよね。
4月の2日なのにもう桜の花が風に乗ってひらひらと舞っていました。
そんな訳で早速カメラを持ってお花見に出かけてみました。


火の山公園チュウリップ園[地図]から、散策しながらパチリ!

色とりどりの花の絨毯、行ったことはないのですが、極楽の様です。




このシーズンのロープウェイは臨時便もあり、多く運行していましたよ。




少し春霞が掛った様な関門海峡と桜の花[眼鏡]




忠霊塔を祀った戦場ヶ原、下関市では桜の名所となっています。



家族連れで桜のトンネルの中を桜吹雪と共に楽しんでいました。[わーい(嬉しい顔)]



パノラマ写真にしてみたよ、クリックして左右に動かして見てね。[目]

CIMG2565.JPG


木の幹から可愛い花達が・・・[ハートたち(複数ハート)]



氏神様の一宮住吉神社は枝垂桜毎年綺麗に咲きますよ。




家から近くの勝山城址ここも桜が多く良い所です。

IMGP3551
IMGP3551 posted by (C)モリモリもりちゃん
サクラ尽くしで失礼しました、次回からは続きのロータスタイプ79を掲載していきますのでよろしく・・・

nice!(50)  コメント(8) 

ロータスタイプ79 模型製作[2]

引き続き今回もタミヤの1/20ロータスタイプ79の制作で~す。


タイヤにホイールを取り付けた状態です。

DSCN7016.JPG


フロントアッパーフレームを組みバルクヘッドを仮組してみました。

DSCN7020.JPG


アクセル ブレーキ クラッチのリザーブタンクで~す。

DSCN7024.JPG


ペダルを取り付けるのですが、完成後は見えません。[もうやだ~(悲しい顔)]

DSCN7032.JPG


様々な工程有るのですが、とりあえずモノコックを組立た状態です。

DSCN7033.JPG

DSCN7037.JPG

DSCN7042.JPG

DSCN7054.JPG


タンク類の留め金はミラーフィニッシュを細く切って使用

DSCN7035.JPG


冷却用のラジエーターなどは金属のエッチングパーツを貼り付ける.

DSCN7059.JPG


まだ完成していないエンジンを当てがってみました。[わーい(嬉しい顔)]

DSCN7063.JPG


シートに別売りのベルトと止め金具を取り付けました。
この時点では先にハンドルと計器パネル取り付けてあります。

DSCN7067.JPG

DSCN7071.JPG
長くなるので今回はここまで、引き続き掲載しますのでよろしく・・・


下関の長州出島[地図]に豪華客船が停泊していましたよ。
イタリア客船のコスタ フォーチュナ10万トンクラス・メガシップだと思います。

IMGP3316.JPG


最後に桜の写真を一枚[ハートたち(複数ハート)]

IMGP3399.JPG

nice!(44)  コメント(8) 

ロータスタイプ79 模型制作[1]

タミヤ キット 1/20 ロータス タイプ79 1978
2010年5月29日(土)発売
4,320円(本体価格4,000円)
1/20スケールのプラスチックモデル組み立てキットです。
全長220mm、全幅108mm。
モノコックと別体構造のフロントカウルとリヤカウルは脱着可能。
完成後もコクピットやエンジン、サスペンションが観察できます。
金属製エアファンネルカバーも付いており、エンジンも精密感あふれる仕上がりです。
タイヤは新設計のゴム製。
スライドマークはカーNo.5、6の2種類をセットされています。
私はイギリスGP、№5のマリオ アンドレッティ車を選択しました。

DSCN6979.JPG


実車は全長 4,385 mm全高 910 mm V型8気筒・90度 2,993cc重量 154kg
ロータス 79は1978年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。
コーリン・チャップマンらがデザインした漆黒に金文字が映えるマシンでした。
呼称はジョン・プレイヤー・スペシャルこの年マリオ・アンドレッティ5勝
史上もっとも美しかったF1マシン「ブラックビューティー」と呼ばれていましたよ。
この時代はモータリゼーション真っ只中、好景気と相まってF-1が大人気でしたね。
1980年代に入りあの狂ったようなバブル景気が始まったのですよね。


説明書の写真を見るだけで心時めき、あの時代を思い出すのです。

DSCN6984.JPG


左がタミヤから別売りで出されたエッチングパーツ
右がタブデザイン製のデカールです。

タバコのゴロマークがキットには入っておらず、別買いしたんよね。
車体に金色のJpsマークが無いと様になりませんよね。[ちっ(怒った顔)]

   DSCN6986.JPG


キットに入っていたデカールとインレットマーク

DSCN6987.JPG

パーツ部品はかなり多く苦戦しそう・・・[がく~(落胆した顔)]

DSCN6989.JPG

DSCN6990.JPG

DSCN6991.JPG

DSCN6992.JPG

DSCN6993.JPG


各所凹みが有り瞬着と硬化剤で穴埋めしました。

DSCN6996.JPG

DSCN6997.JPG


800番の耐水ペーパーで全体をサンディングし水洗いした状態です。

DSCN7000.JPG

DSCN7001.JPG


金属部品は塗装の食い付きを良くする為に全面にプライマーを塗布

DSCN7003.JPG


タイヤの合わせ目処理はサンドペーパーで気長に・・・

DSCN7005.JPG

DSCN7004.JPG


エンジンヘッドのプラグキャップは2mmポリキャップをスライスして使用しました。

DSCN7006.JPG

DSCN7009.JPG


成型用の押し出しピン跡はポリエステルパテで成型

DSCN7010.JPG


色分けの為の嫌いなマスキング作業なんよね。[ふらふら]

DSCN7011.JPG
今回はこれ位、まだまだ回数を分けての掲載となりますので、宜しく・・・

nice!(48)  コメント(12)