So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

平等院鳳凰堂 模型制作[1] [プラモ作り]

今回から古都京都の文化財、国宝宇治平等院鳳凰堂の制作になります。
フジミ模型製 縮尺1/150 全幅355.4mm 全高119mm 
建物シリーズNo8で定価5500円チョットお高めのキットで~す。
最近車ばかり制作していましたが、少し飽きてしまいました。
という事で作ることになった、鳳凰堂なんよ。

     DSCN8961.JPG

     DSCN8962.JPG


10年も前に京都、奈良に旅行した際に一度訪れたことがありました。
当時の建物は古めかしい佇まいでしたが、現在は改修工事が終わり柱も綺麗な朱色になったとか⁈

     画像9.jpg


今回は、キットの中身を中心に紹介します。
どうも瓦などは、既に色付けされているみたいで~す。[手(チョキ)]
今回は、塗装もあまりせず墨入れ、汚し、艶消しのスプレー塗装位に留めておきます。

     DSCN8966.JPG


以下全てのパーツを掲載してみました。

     DSCN8967.JPG

     DSCN8968.JPG

     DSCN8969.JPG

     DSCN8970.JPG

     DSCN8971.JPG

     DSCN8972.JPG

     DSCN8973.JPG

     DSCN8974.JPG

     DSCN8975.JPG

     DSCN8976.JPG

     DSCN8977.JPG


瓦のモールドは縦のラインしかないので、横のラインをカッティングシートを短冊に細くし定規としてカッターでラインを入れました。

     DSCN8978.JPG

     DSCN8979.JPG


何とか瓦らしくなりました。[わーい(嬉しい顔)]

     DSCN8982.JPG
このキットは、ほとんどが切って接着して組むだけで完成するんよ。


最近は孫たちの運動会が次々と、観てるだけなのに疲れま~す。

nice!(44)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ケーターハムスーパーセブン 模型制作[4] [プラモ作り]

今回で完成となる、タミヤ1/12ケーターハムスーパーセブン・サイクルフェンダーの制作になります。


ウインドースクリーンはボックスレンチでボルト止めなんよ。

     DSCN8515.JPG


ブルックランズ・レーシングスクリーン、自作していますよ。
真鍮とアルミ、アクリル板など使用して制作して取り付ける予定です?

     ブルックランズ・レーシングスクリーン.jpg

     レーシングスクリーン.jpg


エンジンフードは実車同様にコイルスプリングで止めます。

     DSCN8526.JPG


車体裏面も忠実に再現されていますよ。[目]

     DSCN8551.JPG


説明文は有りませんので、写真だけご覧ください。[わーい(嬉しい顔)]

    DSCN8577 (2).JPG

     P1210068 (2).JPG

     P1210072.JPG

     P1210081 (2).JPG

     P1210086 (2).JPG

     P1210088 (2).JPG


最近完成したばかりのフジミ模型1/150鳳凰堂で~す。

     DSCN9087.JPG

最近は夜中涼しくなりました、皆様方お風邪をひきませんように・・・

nice!(51)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ケーターハム・スーパーセブン 模型制作[3] [プラモ作り]

今回も引き続きタミヤ1/12ケーターハムスーパーセブン・サイクルフェンダーの制作になります。



スーパーセブンの最強モデルが有りますよ。
ケータハム スーパー 7 JPE RACING EVOLUTION
車両重量500kg強で250PS!
CKスペシャルと同じ6速ミッション
ヴォグゾール・レーシングのフレーム
エンジンはJPEヴォグゾールの2リッターDOHC

DSCN8312.JPG


前回の足回りをフレームに取り付けボディをビス止めしました。

DSCN8405.JPG


室内のカーペットは裏に粘着テープになっており、貼り付けるだけ~

DSCN8407.JPG


先にシートベルトを付けておいてから、カーペットを貼り付けました。

DSCN8416.JPG


計器類はデカールを貼った後クリヤーパーツでカバーする。

DSCN8423.JPG


これで大体の車の形が見えてきましたね。

DSCN8432.JPG


エンジンの組立細々とあるのですが、取り敢えず組んでみたんよ。

DSCN8440.JPG


トランスミッションとエンジンをビスで結合します。

DSCN8462.JPG

DSCN8466.JPG


エンジンヘッドカバーとエキゾーストマニホールドを取り付けた状態。

DSCN8473.JPG


車体にエンジンを取り付けました、細々とした部品が多くややこしい[ふらふら]

DSCN8477.JPG


オイルホースなどは、形状が本物そっくりみたいですね。[exclamation&question]

DSCN8480.JPG


エンジン マフラー シートなどが付くと車らしくなりました。

DSCN8490.JPG

DSCN8494.JPG


ラジエーターやオイルクーラー完成すると見れないパーツなんよね。[もうやだ~(悲しい顔)]

DSCN8504 (2).JPG
いよいよ次回で完成のブログになります、また見てね。


最近は30℃下回る日が来ました、少しだけ過ごしやすいかな。[わーい(嬉しい顔)]

nice!(52)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ケーターハム・スーパーセブン 模型制作[2] [プラモ作り]

ケーターハムスーパーセブンの始まりはイギリスのロータス・カーズが生産・発売していたスポーツカーなんよ。

 1957年から1970年代にかけて生産、販売

     画像1.jpg


今回も引き続きタミヤ1/12ケーターハムスーパーセブン・サイクルフェンダーの制作になります。
これが最早完成したスーパーセブンなんよ。
1/12スケールとあって、写真だと実車と見間違えるかな?


    
ステアリングのラックケースの組立 接着剤使用せずビス止め!

     DSCN8355.JPG

     DSCN8356.JPG


樹脂のフレームにアルミのサイドフレームをビス止め

     DSCN8357.JPG


エンジンフードなどもアルミが多用せれています。

     DSCN8361.JPG


カーボン調のフェンダーなどは、ペーパー掛けしブリティッシュグリーンに塗装

     DSCN8363.JPG

     DSCN8376.JPG


センターカウルも綺麗にアルミをプレス加工せれています。[ハートたち(複数ハート)]

     DSCN8364.JPG


リヤバックルヘッドやインナーパネルもアルミ製ですよ。

     DSCN8367.JPG


アンダーパネルもビス止めなんよ。

     DSCN8369.JPG


フロントの足回り部品はほとんどが金属パーツで形成されています。

     DSCN8379.JPG


デフハウジングを組立塗装した状態です。

     DSCN8382.JPG


リヤサスペンションとサブフレームを組み込んだ状態[眼鏡]

     DSCN8389.JPG


付属のマグネットドライバー ビスが落ちやすいときは、ビニールチューブを先端に付けて使用

     DSCN8400.JPG
今回は、ここまで、部品点数が多く製作に時間がかかりま~す。


残暑厳しき折お身体に気をつけてください・・・

nice!(47)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小さな秋の足音 [雑記]

暑い暑いと言いながらも秋が手招きしている様な今日この頃です。
何か変わったことがないかと思い火の山公園[地図]へ行ったんよ。

写真が小さいと思うので、良かったらクリックして大きくしてね。

     IMGP4782.JPG


山の上には戦艦大和の46㎝砲の弾頭が有るんよね。

     IMGP4779.JPG

     IMGP4781.JPG

    
この山で見つけたハゼの実まだ色図いていませんが、秋の予感!

     IMGP4769.JPG


これは山藤の実かな?

     IMGP4774.JPG


防空壕のそばでひっそりと咲いていた一輪の野菊

     IMGP4786.JPG


妙に青い空に朱色が目立ったキョウチクトウでした。

     DSCN9043.JPG


のぶどうはヤマブドウに似ることもあるのですが、別属。
白い実は本来の実であり、青色や紫色の実は虫が寄生している寄生果なんだとか?
漢方薬として脂肪肝と肝硬変などの改善に役立つ薬草になるみたい。

     DSCN9042.JPG

これは山葡萄、黒く熟すと甘酢ぱく良い香りの実になるんよね。[ハートたち(複数ハート)]

     DSCN9051.JPG


今回は、チョット秋の気配のする写真を掲載してみました。

nice!(48)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ケーターハム・スーパーセブン 模型制作[1] [プラモ作り]

今回からは、タミヤ製ケーターハムスーパーセブンの制作となります。
このシリーズ3種類あるのですが、今回はNO2のサイクルフェンダーです。
スケール1/12、全長285mm、全幅132mm、全高85mm。
車体の骨格となるスペースフレームは、角断面と丸断面のパイプ形状で再現してあります。
サスペンションアームやド・デオン・アクスルはブラック塗装仕上げのダイキャスト製。
コイルスプリングを装着したダンパーにより可動します。
エンジンブロックやトランスミッションは精密なプラスチック製。
タイミングベルトなどにゴムを使用し、エアクリーナーや排気管は金属製。
メッシュパイプのオイルライン、ゴムパイプのウォーターホースなど各種の配管・配線も再現していますよ。

     DSCN8315.JPG


ケーターハムはイギリスの小規模自動車メーカーです。
ロータス・カーズからロータス・セブンの生産権を引き継ぎました。
1960年代から基本構造が変わらないライトウェイトスポーツカーです。
私が高校生時代イギリス制作『プリズナーNo.6』の連続テレビドラマがありました。
確か3重スパイドラマでドアの無いf-1の様な車を乗り回すシーンの車にビックリ!
1967年頃には、私の周りでは見た事の無いロータスセブンでした。
 実車スペック
全長×全幅×全高 3380×1580×1120mm
ホイールベース  2250mm
車両重量     600㎏
エンジン     水冷直列4気筒DOHC4バルブ
エンジン形式名  フォード・コスワースBDR
排気量      1690㏄
最高出力     180PS/7200rpm

     画像2.jpg


今回は、パーツ数が多くキットの中身だけの紹介となります。
ボディなどは、ほとんどがアルミ金属で成形されています。

     DSCN8336.JPG

    
ホイールは亜鉛ダイキャストにシルバー塗装かな?

     DSCN8337.JPG


スペースフレームは粘りのある樹脂で成形されています。

     DSCN8341.JPG


タイヤはゴム製で予備を含めて5本

     DSCN8342.JPG


ノーズやフェンダーはカーボンのプリント塗装してあリます。
部分的にラインが伸び切っているので、ブリティッシュグリーンに塗装し直します。

     DSCN8346 (2).JPG


ゴム、ビニールパイプや金属製パーツ類です。

     DSCN8347.JPG


多種多様なビスとアルミ部品類

     DSCN8348.JPG


サスペンションのスプリングと足回りの金属パーツ ウインドーシールド等々

     DSCN8349.JPG


車内のカーペットとサンドペーパーなども入っています。

     DSCN8350.JPG


これも金属製の足回り部品とナットの締付工具

     DSCN8351.JPG


今回は、プラパーツ比較的少なめなんよね。[わーい(嬉しい顔)]

     DSCN8352.JPG

     DSCN8353.JPG

     DSCN8354.JPG


8月13日の関門花火大会で門司側の花火を下関の壇ノ浦から撮ったんよ。[ハートたち(複数ハート)]

     IMGP4635 (2).JPGIMGP4725 (2).JPG

     IMGP4710 (2).JPGIMGP4743 (2).JPG

最近は気温が下がり湿度もかなり低くなり過ごしやすくなりましたよ。

nice!(57)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メルセデスベンツ300SLR 模型制作[4] [プラモ作り]

今回でメルセデスベンツ300SLRクーペの完成です。


多方面から撮った写真となります。
見にくい様であれば、画像をクリックして大きくして見てね。


スタイリングは良いのですが、ドアの収まりが・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

DSCN8288.JPG


ロングノーズ・ショートデッキの典型的な当時のスポーツカーですね。[わーい(嬉しい顔)]

DSCN8292.JPG




陸海空を示すラジエターグリルのベンツのマーク何と無く威圧的[がく~(落胆した顔)]

DSCN8298.JPG


キットの可動部分を全て開けた状態で~す。

DSCN8259.JPG

DSCN8262.JPG

DSCN8270.JPG



8月13日 海峡花火大会の予行練習で撮った写真なんよ、電線が横切っており残念でした。

IMGP4611.JPGIMGP4624.JPG


ここの所、何かと忙しく疲れ気味・・・
次回からは、タミヤ1/12ケーターハムスーパーセブンの制作を掲載しますので見てね。

nice!(52)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メルセデスベンツ300SLR 模型制作[3] [プラモ作り]

今回は、内外装の組立塗装までを簡単に写真にて掲載してみました。


模型製作とは外れますが、実車の写真を一枚上げてみます。
1955年のミッレミリアにイタリア人ドライバー以外で初めて優勝した
スターリング・モス / デニス・ジェンキンソン組の300SLRカーNo.722です。

     300slr722.jpg


余談になりますが、最新のSLR スターリング モスの写真も・・・
2009年の北米国際オートショーにて発表された75台のみの限定車です。
往年のレーシングカーである300SLR(W196S)をデザインイメージとして制作されました。
ルーフとフロントウインドシールドを省き約200kgの軽量を実現したスピードスタースタイルです。
このモデルでメルセデスとマクラーレンによる共同製作は終了しました。

     slrスターリングモス.jpg


さて本題の300SLRの制作です。
エンジン フレーム ボディ 内装と分けて同時進行で制作しています。

     DSCN8180.JPG


エンジン回りのフレームとラジエーターのパイプなかなか所定の位置に合いません。[ふらふら]

     DSCN8181.JPG


メーターパネルのスイッチは自作しそれらしく付けてみました。

     DSCN8183.JPG


あまり見ることの無いアルフィンドラム式のブレーキなんよ、かなり大きいですね。

     DSCN8185.JPG


スポークホイールは三枚重ねて作るんよ、メッキ部分を剝がして接着かなり面倒ですね。

     DSCN8186.JPG


エンジンは、57°右傾斜直列8気筒OHC.2バルブ 珍しいですね。

     DSCN8187.JPG


真上から見ると各部のレイアウトがよく分かります。

     DSCN8191.JPG


後部のタンクとサイドフレームを組み上げる、これでボディ果たして組めるのか、心配で~す。

     DSCN8193.JPG

     DSCN8194.JPG


これまた凄いレイアウト、ギアボックスカバーをまたいで右側がアクセル ブレーキペダル左側にクラッチペダル操縦しにくそう~

     DSCN8195.JPG


バスタブ周辺の内装ががほぼ完成状態です、ちなみにシートの柄はデカールを使用しています。

     DSCN8204.JPG


タイヤを仮付けして、全体の感じを確認して、楽しんでいま~す。[るんるん]

     DSCN8209.JPG


上から見た室内の赤い色何と無く下品なのでは[exclamation&question]

     DSCN8217.JPG


いよいよ合体 上手く取り付くのか、次回をお楽しみに・・・[わーい(嬉しい顔)]

     DSCN8218.JPG

     DSCN8219.JPG


毎日暑い中、老体に鞭打って、模型製作に励んでいま~す。

nice!(50)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メルセデスベンツ300SLR 模型制作[2] [プラモ作り]

今回は、フジミ1/24メルセデスベンツ300SLRウーレンハウトクーペのボディ塗装と鋼管フレームにエンジンなどを仮組みするまでの工程となります。


実車のボディを外した状態の鋼管フレームに乗ったエンジンその他

   画像01 (1).jpg


現存する2台のクーペなのか、もしくはレプリカなのか[exclamation&question]

   画像01 (2).jpg


ウインドーピラーが細く何ケ所か折れました。
補強のため要らないランナーを接着、塗装が終わるまでこのままにしておきました。

   DSCN7950.JPG


パーツのあちらこちらに押し出しピン跡があり、パテで修正[ふらふら]

   DSCN7955.JPG

   DSCN7956.JPG

   DSCN7960.JPG


ドアの隙間や段差かなり酷いのでプラ板などで成形しましたよ。

   DSCN7992.JPG


ボディ全体を粗方修正した状態です。

   DSCN7998.JPG


今回はシルバーの塗装なので、グレーサフを使用しました。

   DSCN8036.JPG


アルミシルバー塗装した状態です、この上にスーパークリヤーを吹き重ねていきますよ。

   DSCN8051.JPG

   
車内の塗装はレッドシャインの上に艶消しのクリヤーを塗布しました。

   DSCN8136.JPG


エンジン部分も仮組してみる。

   DSCN8156.JPG


最近では見られなくなった鋼管フレームとアンダーパネル部分[exclamation&question]

   DSCN8173.JPG


焼鉄色に塗ったエンジンをフレーム取り敢えず載せてみる。

   DSCN8172.JPG

   DSCN8167.JPG

   DSCN8176.JPG


まだ完全に組立塗装してないのに、待ちきれず仮組みして見たんよね。[わーい(嬉しい顔)]

   DSCN8174.JPG
今回はここまで、組立てにはかなり難航していま~す。


夏という事で小さな町のお祭りの花火を一枚掲載しておきます。

   IMGP4540.JPG

nice!(49)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メルセデスベンツ300SLR 模型制作[1] [プラモ作り]

今回からは、フジミ1/24エンスージアストモデル
1993年に販売された25年前のキットとなります。
メルセデスベンツ300SLRウーレンハウトクーペの制作です。
フジミと言っても中身は、どうもドイツレベルのキットの様ですね。
箱絵 説明書 デカール等は日本仕様に差し替えてあります。
模型の全長は198㎜ 幅70㎜ 高さ50㎜
外国製品なので組付けに苦労すると思います。

   DSCN7964.JPG


比較する為にタミヤ1/24 300SLの箱絵も見てください。

   DSCN7965.JPG


実車は1954/55年に9台だけ製作され、2台がクーペ
量産型の300SLとはほとんど共通性ない、純粋なコンペティション・スポーツカーです。
 実車スペック
エンジン 57°右傾斜直列8気筒OHC.2バルブ
最高出力 302hp/7500rpm
変速機  5段ミッション
フレーム 多鋼管スペースフレーム
外型寸法 4400×1750×1300㎜
車両重量 988㎏
燃料タンク 142ℓ
最高速度 272㎞/h

   画像10.jpg


今回はキット内容の紹介だけとなりますので悪しからず。
ボディやパーツ類は引けやエクボが沢山有りでパテでの成型大変でした。

   DSCN7974.JPG


パーツ類はやや多めですよ。

   DSCN7967.JPG

   DSCN7968.JPG

   DSCN7969.JPG

   DSCN7970.JPG

   DSCN7971.JPG

   DSCN7972.JPG

   DSCN7973.JPG


まだ手を付けていませんが、タミヤ300SLは作りやすいのでは?
次回からは300SLR制作に入りますのでよろしく・・・

   DSCN7981.JPG


夏の青空に鮮やかなピンク色の庭のサルスベリ[わーい(嬉しい顔)]



関門の夕暮れ時、この日は夕焼けも綺麗でした。[揺れるハート]



まだまだ暑い日が続いて行きますが、お身体に気をつけてください。

nice!(55)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -